サックス侍とは?

名古屋の街角でサックスを吹く、謎の侍。

コロナ禍に悩める人々の憂鬱を
音の刃でぶった斬る為に2020年7月活動開始。

Twitterフォロワー数、46,000人。

「名古屋の動くパワースポット」と呼ぶ人も。

活動に込めた想い

感染症と直接戦うことはできないけれど
この状況下の「気持ちの問題」とは
「音楽で戦う」ことができるのではないか?
という考えから

“街ゆく人たちの心を音楽で癒したい”

遠出しにくく「非日常体験」が減った世の中だから
仕事帰りや学校帰りにこんな姿をみかけることで

“ちょっとした「非日常」を味わってほしい”

そんな想いをこめて活動しています。

5つのコロナ対策

1.三密防止

屋外のみで演奏。
楽器の特性上、充分な距離を取ってお聴き頂ける。
人が密集する場所で演奏しない。

2.飛沫防止

管楽器は実は飛沫が飛びにくい。
和風フェイスシールド(浪人笠)着用

3.接客はロボットが対応

近い距離での会話を避けるべく、
AI搭載のロボットを配置。

4.消毒

消毒液を随時配置。
自身も定期的に消毒しています。

5.演奏は独りで

独りで演奏しているので
メンバー間の感染も心配ありません。

場所

名古屋市近郊
(金山/栄/大曾根/矢場町など)
にランダムで出現します。

神出鬼没。
いつどこに現れるかは公開していません。